Billboard Classics

Concert informtionコンサート情報

イメージ

billboard classics JUJU 20th ANNIVERSARY PREMIUM CLASSIC CONCERT 2024

デビュー20周年の「JUJUの日」を飾る
billboard classicsのプレミアムなフルオーケストラコンサート
東西4公演を開催

JUJUのフルオーケストラコンサートは、2013年に開催して以来2度目。
指揮はジャンルを超えて国内外で活躍する栗田博文、管弦楽には東京フィルハーモニー交響楽団(東京公演)と日本センチュリー交響楽団(兵庫公演)を迎えたスペシャルなコンサートです。

表現力溢れるシンガーとして、ますます輝きを増すJUJUの20年間の集大成となる貴重な4公演。前回のフルオーケストラコンサートでは披露されなかった名曲たちも披露される予定で、ファイナルは「JUJUの日」10月10日(木)にすみだトリフォニーホールで開催されます。

表情豊かで包容力に満ちたボーカルと壮大なオーケストラの生音の響きが重なり合い、JUJUの20周年を彩る数々の名曲がオーケストラ編曲によって新しく生まれ変わる瞬間をお見逃しなく。

公演スケジュール

2024年10月1日(火) 開場17:30 開演18:30 会場 : 神戸国際会館 こくさいホール
2024年10月2日(水) 開場17:30 開演18:30 会場 : 神戸国際会館 こくさいホール
2024年10月9日(水) 開場17:30 開演18:30 会場 : すみだトリフォニーホール 大ホール
2024年10月10日(木) 開場17:30 開演18:30 会場 : すみだトリフォニーホール 大ホール

チケット情報・購入

<料金>(全席指定・税込・未就学児入場不可)
◎記念グッズ「Happy 20yrs スノードーム」付きチケット 16,500円
 ※JUJU FAM優先受付/CLUB JUJU ROYAL MEMBER受付にて購入可能
 ※記念グッズ付きチケットは、前方の座席を保証するチケットではございません。あらかじめご理解の上、お買い求め下さい。
◎通常チケット 12,500円

-------------------------------

<先行発売>
■オフィシャルFC「JUJU FAM」最速先行(抽選)
受付期間:6/24(月)12:00~7/1(月)23:00
https://eplus.jp/juju-fam/20th-bbc/

■オフィシャルモバイルFC「CLUB JUJU ROYAL MEMBER」先行(抽選)
受付期間:7/2(火)12:00~7/8(月)23:00
https://www.jujunyc.net/fanclub/

■オフィシャルFC「JUJU FAM」2次先行(抽選)
受付期間:7/9(火)12:00~7/16(火)23:00
https://eplus.jp/juju-fam/20th-bbc/2/

■オフィシャルモバイルFC「CLUB JUJU ROYAL MEMBER」2次先行(抽選)
受付期間:7/9(火)12:00~7/16(火)23:00
https://www.jujunyc.net/fanclub/

■オフィシャルモバイルFC「CLUB JUJU」通常会員先行(抽選)
受付期間:7/17(水)12:00~7/23(火)23:00
https://www.jujunyc.net/fanclub/

■ビルボードライブ会員「Club BBL」先行(抽選)
受付期間:7/17(水)12:00~7/23(火)23:00
https://www.billboard-live.com/mypage (新規ご入会もこちら)
※Aから始まる会員番号は無料のゲスト会員のご登録です。
無料のゲスト会員ではエントリーできませんのでご注意ください。
ClubBBL会員ご登録に関するお問合せ:03-3479-4141(平日12:00~17:00)
※電話番号の前に「186」を付けてダイヤルするなど、電話番号を通知しておかけください。

■イープラスプレオーダー先行(抽選)
受付期間:7/23(火)12:00~7/30(火)23:00
https://eplus.jp/juju20th-bbc/

-------------------------------

<お問合せ>
【兵庫】YUMEBANCHI(大阪) 06-6341-3525(平日12:00~17:00)
【東京】キョードー東京 0570-550-799(平日:11:00~18:00/土日祝:10:00~18:00)

-------------------------------

◯チケット購入に際しての注意事項
※車椅子をご利用のお客様は、上記【お問合せ】先までお電話にてお問合せください。
※チケットはおひとり様1枚必要となります。チケットを紛失された方、または当日お忘れになった方はご入場できません。
※必ず公式サイトに掲載の注意事項をご確認の上、チケットをお求めください。
<ご来場のお客様へのお願い:https://billboard-cc.com/notice/

コンサート概要

<主催・企画制作>
ビルボードジャパン(阪神コンテンツリンク)

<企画制作協力>
Sony Music Labels Inc. / little oasis

<後援>
米国ビルボード

<出演>
JUJU

<指揮>
栗田博文

<管弦楽>
【兵庫】日本センチュリー交響楽団
【東京】東京フィルハーモニー交響楽団

<編曲監修>
山下康介

プロフィール
イメージ

JUJU

2004年メジャー・デビュー。
「奇跡を望むなら...」「やさしさで溢れるように」など数多くのヒット曲をリリースし、オリジナル楽曲以外にも、邦楽カヴァー・アルバム『Request』シリーズやジャズ・アルバム『DELICIOUS』シリーズなど、ジャンル・洋邦・世代を超えて名曲を歌い継ぐライフワークも注⽬を集める。
また、近年では司会を務めるNHK総合『世界はほしいモノにあふれてる』も⼈気番組に。
2007年から毎年欠かすことなく全国規模のライヴツアーを開催し、昨年の「スナックJUJU 2023」全53公演と、今年2月開催の「スナックJUJU 東京ドーム店」は完全SOLD OUTとなった。
歌で“物語”を伝える歌手として、デビュー20周年となる今年の活動に更なる注目が集まる。
オフィシャルサイト https://www.jujunyc.net/

イメージ

栗田博文(指揮)

1988年、第23回東京国際音楽コンクール指揮部門において第1位優勝を果たし、翌年、国内主要オーケストラを指揮しデビュー。1989年に渡欧。同年、第1回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール(イタリア)に入賞し国際的な評価を確立。1995年、第1回シベリウス国際指揮者コンクール(フィンランド)の最高位に輝く。同年、フィンランド放送交響楽団より招かれ、ヨーロッパデビューを果たし大好評を博す。国内外の活発な指揮活動とともに、国立音楽大学客員教授を務め、後進の指導にも力を注いでいる。クラシック音楽の古典から現代作品まで、幅広いレパートリーを持つほか、様々なジャンルとのコラボレーションも積極的に行っている。
栗田博文ブログ http://hirofumi-kurita.com/

 

 

イメージ

日本センチュリー交響楽団

1989年に活動を開始し、大阪府・豊中市を拠点に活動するオーケストラ。現在、飯森範親が首席指揮者、秋山和慶がミュージックアドバイザー、久石譲が首席客演指揮者(2025年4月より音楽監督就任予定)を務める。ザ・シンフォニーホールで開催するシンフォニー定期演奏会、ハイドンの交響曲全曲演奏・録音プロジェクト「ハイドンマラソン」に加えて、豊中市立文化芸術センターでの名曲シリーズを展開する。オーケストラ体感コンサート「タッチ・ジ・オーケストラ」をはじめ教育プログラムや地域連携事業にも力を入れている。2024年12月に楽団創立35周年を迎える。
オフィシャル・ホームページ https://jcso.or.jp/

©井上嘉和

イメージ

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立。日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約160名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督にチョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会や「渋谷/平日/休日の午後のコンサート」等の自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『名曲アルバム』『NHKニューイヤーオペラコンサート』『題名のない音楽会』『東急ジルベスターコンサート』『NHK紅白歌合戦』『いないいないばあっ!』などの放送演奏の他、各地学校等での訪問コンサート等により、全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。海外公演も積極的に行い、国内外から高い評価と注目を集めている。2020~21年のコロナ禍における取り組みはMBS『情熱大陸』、NHK BS1『BS1スペシャル 必ずよみがえる~魂のオーケストラ 1年半の闘い~』などのドキュメンタリー番組で取り上げられた。
1989年よりBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト:https://www.tpo.or.jp/
Facebook:/TokyoPhilharmonic/
Twitter:@tpo1911
Instagram:tokyophilharmonicorchestra
Youtube:@tokyophilharmonicorchestra5039

 



back to list